ひらめき【はじめに】ひらめき 
下肢静脈瘤とは、皮膚の表面にある表在静脈がうっ血し、太く浮き出てくる状態をいいます。瘤状に膨らんだり、蛇のように曲がりくねったものが多く、見た目が気になっている方も多いと思います。 女性に多く見られ、特に30歳以上の方の場合、6割の方に静脈瘤があるとも言われています。また、立ち仕事が中心の職業を持つ男女にも多く発症するようです。まったく自覚症状のない方もいますが、多くの場合、足が疲れやすい、しだいに足がむくむ、足が痛む、こむら返りを起こしやすいなどの症状があります。症状が重くなると湿疹や皮膚炎、色素沈着や潰瘍ができたりします。特に潰瘍の場合、皮膚の血液の循環が悪くなるため治りにくく放置するとさらに悪化します。また、静脈瘤自体は命に関わる病気ではありませんが、静脈瘤にできた血栓が肺動脈を詰まらせ、肺梗塞や肺動脈血栓塞栓症、いわゆるエコノミークラス症候群のような恐ろしい合併症を引き起こしやすいといわれています。このブログでは足のむくみやこむら返りの原因となる「下肢静脈瘤」に関する情報を発信していきます。

2009年06月23日

下肢静脈瘤における弾性ストッキング療法とは

下肢静脈瘤とは、皮膚の表面にある表在静脈がうっ血し、
太く浮き出てくる状態で足の静脈の高血圧といえる病気とも言えます。
瘤状に膨らんだり、蛇のように曲がりくねったものが多く、
そのほとんどは静脈の弁不全によって発症しますするもので、
足の血管が浮き出てくるなど、
見た目が気になっている方も多いと思います。

静脈というものは全身を巡ってきた汚れた血液を
心臓へと戻す働きをしています。
足の皮膚の表面にある血液は
すべて筋肉の中にある深部静脈に集められます。
集められた血液は足の筋肉の運動(筋ポンプ作用)で心臓に戻ります。
この運動を筋ポンプ作用といいます。。。。。。
血液が心臓に戻ることを静脈環流といいますが、
このとき静脈の内側の「弁」が大きな役割を果たしています。

我々、二足歩行の人間の場合でいえば、
足の静脈を流れる血液には重力がかかりますから、
下に戻ろうとするわけです。
静脈の内側にある弁は
この下に向かおうとする血液の逆流を食い止めていて、
血液は心臓に向かって上に流れる仕組みになっています。
多くの下肢静脈瘤は、
何らかの原因で表在静脈の弁が壊れるために発生します。
弁が正常に働かないと、血液は逆流し、足の下方に血液が溜まります。
その結果、静脈が拡張して膨らみ、静脈瘤ができてくるわけです。

下肢静脈瘤は成人女性に多くて、
妊娠と出産をきっかけによく発症します。
親から子へと遺伝する体質に大きな原因があると考えられていますが、
調理師、理容師、美容師、教師など、
立ち仕事が中心の職業を持つ男女にも多く発症するようです。
まったく自覚症状のない方もいますが、多くの場合、
足が疲れやすい、しだいに足がむくむ、足が痛む、
こむら返りを起こしやすいなどの症状があります。
症状が重くなると湿疹や皮膚炎、色素沈着や潰瘍ができたりします。
特に潰瘍の場合、皮膚の血液の循環が悪くなるため
治りにくく放置するとさらに悪化します。
また、静脈瘤自体は命に関わる病気ではありませんが、
静脈瘤にできた血栓が肺動脈を詰まらせ、
肺梗塞や肺動脈血栓塞栓症、
いわゆるエコノミークラス症候群のような
恐ろしい合併症を引き起こしやすいといわれています。







下肢静脈瘤を治療する場合は、
まず表在静脈と深部静脈の合流部
(大伏在静脈と大腿静脈または小伏在静脈と膝窩静脈の合流部)に
弁不全があるかどうかを確認する必要があります。
この合流部に弁不全がある病態には、ストリッピング手術、
血管内レーザー治療、高位結紮術等の治療を行うことになります。
その他の治療法は、これらに付随する治療または
合流部の逆流が原因でない場合に行う治療です。
主に次のような治療法があります。


ストリッピング手術
高位結紮術
静脈瘤切除術
硬化療法
弾性ストッキング療法

・・・などです。




ここでは「弾性ストッキング療法」について説明します。




ひらめき弾性ストッキング療法ひらめき


医療用の弾性ストッキングを着用して足を圧迫し、
静脈瘤に血液が溜まるのを防ぎます。
根本的な治療ではありませんが、症状を改善するのに効果的です。
日常生活の中で行えるので、
静脈瘤のすべての患者さんに勧められます。
足のむくみ、だるさなどが軽減されます。


¥1680
¥1680
¥1995
¥1820
¥2079
¥5000
¥2079
¥2100
¥2625
¥2835


posted by varix at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

すごい肉体美



人は鍛えるとこんなにも凄い体になるのですね(」゜ロ゜)」


こういう人って“腰痛”とかって悩みは皆無なんでしょうかねぇ・・






ところで・・・
腰痛でお困りの方ってたくさんいらっしゃることと思います。
あちらこちらの医者や、整骨院、整体院、あんま、
マッサージその他の療法に通う方も多いでしょうね。

しかし、その中から実際に腰痛から「完全に開放された人」は実は、
ほとんどいないのではないでしょうか?
それはなぜでしょうか?

いろんな治療を受けて来られたかと思いますが、
一次的に「痛みを感じなくなる」とそれで、
「腰痛は治ったと勘違い」してしまっているのです。
それで、腰痛が再発しなくなる人もまれにいますが、
ほとんどの人が「再発」しているのです。
それも「何度も、何度も、再発」するのです。
なぜ、再発するのでしょうか?

それは、腰痛の「真の原因」を追求し、
その真の原因を取り去っていないから。
もっとも驚くべきことは、
「腰痛」とは
「その原因が何かということが明確に分かっていない症状」の総称だったのです。
(原因が分かっているものは「椎間板ヘルニア」、 
「椎間板分離症」、「腰椎すべり症」「脊柱管狭窄症」 
というような「症」がついているもの)

だから、日本国内でも、これと決まった治療法はなく
たくさんの先生方が各々の療法でバラバラに施術してきたのです。

今回、NHKで紹介された「ストレス論」は
極めて信じ難いものです。
でも、それだからこと、
信憑性、信頼性があるのではないでしょうか?
今までにない、全く新しい理論「ストレスが原因」というのは
「ストレスは万病の元」ということから発して、
ついには腰痛までその範囲に入っていたのです。

実際にこのマニュアルに書かれていることを実行し、
それまで何度も再発していた腰痛が、
信じられないことに「劇的に改善した」という報告も届いています。

どんなに素晴らしいお医者さんにめぐりあったとしても
腰痛の真の原因を除去しなければ、
腰痛からいつまでたっても解放されません。
もし、「本気で、今度こそ、腰痛から解放されたい」と考えているならば、
この新しい情報は、きっとあなたのお役に立つと思います。


「4日間、腰痛解消プログラム」NHKでも紹介された最新腰痛情報!腰痛の真の原因はこれだ!

誰しも悩みを抱えている
posted by varix at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

新型インフルエンザ「フェーズ6」




新型インフルエンザについて、
WHOが「フェーズ6」に引き上げました。

これで新型インフルエンザが世界的大流行の状態であると
認定されたわけです。


日本では小康状態なので、
あまり大きな感染の連鎖は起きていません。


しかし、秋から冬にかけて、
第2波の流行が起こることが懸念されています。


いまのうちに、
国内パンデミックに備えて、
十分な準備をしておきましょう。



¥1280
¥9800
¥6500
¥1480
¥1980
¥160000
¥525
¥499
¥945
¥871
¥93000
¥2940
¥13440
¥126294
¥2100
¥1260
¥4500
¥1650
¥4725
¥780
posted by varix at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 新型インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。