ひらめき【はじめに】ひらめき 
下肢静脈瘤とは、皮膚の表面にある表在静脈がうっ血し、太く浮き出てくる状態をいいます。瘤状に膨らんだり、蛇のように曲がりくねったものが多く、見た目が気になっている方も多いと思います。 女性に多く見られ、特に30歳以上の方の場合、6割の方に静脈瘤があるとも言われています。また、立ち仕事が中心の職業を持つ男女にも多く発症するようです。まったく自覚症状のない方もいますが、多くの場合、足が疲れやすい、しだいに足がむくむ、足が痛む、こむら返りを起こしやすいなどの症状があります。症状が重くなると湿疹や皮膚炎、色素沈着や潰瘍ができたりします。特に潰瘍の場合、皮膚の血液の循環が悪くなるため治りにくく放置するとさらに悪化します。また、静脈瘤自体は命に関わる病気ではありませんが、静脈瘤にできた血栓が肺動脈を詰まらせ、肺梗塞や肺動脈血栓塞栓症、いわゆるエコノミークラス症候群のような恐ろしい合併症を引き起こしやすいといわれています。このブログでは足のむくみやこむら返りの原因となる「下肢静脈瘤」に関する情報を発信していきます。

2009年03月10日

下肢静脈瘤治療における血管内レーザー治療とは

下肢静脈瘤を治療する場合は、
まず表在静脈と深部静脈の合流部
(大伏在静脈と大腿静脈または小伏在静脈と膝窩静脈の合流部)に
弁不全があるかどうかを確認する必要があります。
この合流部に弁不全がある病態には、
ストリッピング手術、血管内レーザー治療、
高位結紮術等の治療を行うことになります。
その他の治療法は、
これらに付随する治療または
合流部の逆流が原因でない場合に行う治療です。
主に次のような治療法があります。

ストリッピング手術
血管内レーザー治療
高位結紮術
静脈瘤切除術
硬化療法
弾性ストッキング療法

・・・などです。






ここでは「血管内レーザー治療」について説明します。



ひらめき血管内レーザー治療ひらめき

静脈に細いレーザーファイバーを挿入し、
痛んだ静脈にレーザーを照射させます。
そして静脈の内側を焼いて閉塞させてしまうのです。
悪化した静脈をふさぎ、血液が逆流しなくなります。
傷跡が小さく、痛みや出血もほとんどありません。
治療を行った日から通常の生活ができます。
ストリッピング手術と同等の効果が得られますが、
静脈瘤が進行し、血管が大きく蛇行していたり、
瘤が大きすぎたりする場合には使用できません。
レーザーにはいくつか種類がありますが、
半導体レーザーは他と比べて高出力なので、
1回で確実に治療できます。
治療時間は両足で約30〜50分と短く、
手術というよりも通常の外来検査に近い感覚で受けることができます。
今はまだ適応できる症状が限られ、
健康保険が適用されない自由診療の扱いですが、
やがては静脈瘤治療の中心になる方法と考えられます。



脚イメージ002




posted by varix at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。