ひらめき【はじめに】ひらめき 
下肢静脈瘤とは、皮膚の表面にある表在静脈がうっ血し、太く浮き出てくる状態をいいます。瘤状に膨らんだり、蛇のように曲がりくねったものが多く、見た目が気になっている方も多いと思います。 女性に多く見られ、特に30歳以上の方の場合、6割の方に静脈瘤があるとも言われています。また、立ち仕事が中心の職業を持つ男女にも多く発症するようです。まったく自覚症状のない方もいますが、多くの場合、足が疲れやすい、しだいに足がむくむ、足が痛む、こむら返りを起こしやすいなどの症状があります。症状が重くなると湿疹や皮膚炎、色素沈着や潰瘍ができたりします。特に潰瘍の場合、皮膚の血液の循環が悪くなるため治りにくく放置するとさらに悪化します。また、静脈瘤自体は命に関わる病気ではありませんが、静脈瘤にできた血栓が肺動脈を詰まらせ、肺梗塞や肺動脈血栓塞栓症、いわゆるエコノミークラス症候群のような恐ろしい合併症を引き起こしやすいといわれています。このブログでは足のむくみやこむら返りの原因となる「下肢静脈瘤」に関する情報を発信していきます。

2009年05月24日

日本政府、新型インフルエンザ対応を緩和




日本政府は、
新型インフルエンザが弱毒性であることに際して、
行動計画の緩和を発表しています。

新型インフルエンザは感染力が強いながらも、
重症化の例がほとんどないことのことです。



季節的にこれからは
高温多湿になってきますので、
いずれ終息していくものと思われます。


しかし、これで終わったわけではありません。
秋から冬になれば、季節性インフルエンザの流行が
始まりますし、そのときには新型もあわせて
再び流行するかもしれません。



消毒液なども
いまのうちに備蓄しておくことがよいでしょう。


¥8190
¥628
¥1050
¥1050
¥2380
¥1000
¥513
¥880
¥36750
¥1480
¥19320
¥924
¥4980
¥6000
¥4980
¥9449
¥79800
¥32340
¥17325
¥13440






posted by varix at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。