ひらめき【はじめに】ひらめき 
下肢静脈瘤とは、皮膚の表面にある表在静脈がうっ血し、太く浮き出てくる状態をいいます。瘤状に膨らんだり、蛇のように曲がりくねったものが多く、見た目が気になっている方も多いと思います。 女性に多く見られ、特に30歳以上の方の場合、6割の方に静脈瘤があるとも言われています。また、立ち仕事が中心の職業を持つ男女にも多く発症するようです。まったく自覚症状のない方もいますが、多くの場合、足が疲れやすい、しだいに足がむくむ、足が痛む、こむら返りを起こしやすいなどの症状があります。症状が重くなると湿疹や皮膚炎、色素沈着や潰瘍ができたりします。特に潰瘍の場合、皮膚の血液の循環が悪くなるため治りにくく放置するとさらに悪化します。また、静脈瘤自体は命に関わる病気ではありませんが、静脈瘤にできた血栓が肺動脈を詰まらせ、肺梗塞や肺動脈血栓塞栓症、いわゆるエコノミークラス症候群のような恐ろしい合併症を引き起こしやすいといわれています。このブログでは足のむくみやこむら返りの原因となる「下肢静脈瘤」に関する情報を発信していきます。

2010年08月28日

むずむず脚症候群とは(その2)

むずむず脚症候群の原因は
脳内の神経伝達物質の1つであるドパミンの機能障害や鉄欠乏が関与していると考えられていますが
正確なところまでは分かっていません。
このドパミンは、さまざまな運動機能を潤滑にする働きをします。
また、鉄はドパミンを作る過程で欠かすことのできない物質です。
その鉄の不足によりドパミンがうまく合成されないことで症状を引き起こすと考えられています。
むずむず脚症候群は、原因がはっきりわからないものと、
他の病気や薬などが原因となって起こるものに分けられます。
二次性の原因としては、
慢性腎不全や鉄欠乏性貧血、妊娠、糖尿病、パーキンソン病、関節リウマチなどが挙げられます。

むずむず脚症候群は、欧米人に比べると日本人には比較的少ないと言われていますが、
診断を受けていない人もたくさんいると思われます。
その中でも日常生活に支障をきたし治療が必要だと考えられる患者さんは約200万人いると推定されます。
むずむず脚症候群はまれに小児にもみられますが、主に40歳以上の中高年の方に多く、
男性に比べて女性の患者さんの割合が多いようです。
さらに不眠症患者の10人に1人はむずむず脚症候群であるとも言われています。














商品名:線維筋痛症がわかる本
価格:1575円
ショップ:楽天ブックス
商品説明:商品副データ原因不明の痛み、治らない痛みに悩んでいるあなたへ戸田克広主婦の友社この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年06月登録情報サイズ:単行本ページ数:287pISBN:9784072727676肩こりや腰痛のみから、慢性広範痛症を経由して線維筋痛症が発症します。不全型慢性広範痛症まで含めると人口の約二割が罹患しており、それらの人に線維筋痛症の治療が有効です。肩こりや腰痛のみの人のかなり割合にも線維筋痛症の治療が有効です。線維筋痛症の治療は従来の痛みの治療とは全く異なります。線維筋痛症は脳の機能異常によって起こるという説が定説になっています。血液検査、画像検査でも異常がでないため、日本では無視されることが多くほったらかしになっています。しかし、線維筋痛症は世界では常識の病気です。線維筋痛症を取り入れることにより肩こりや腰痛のみならず、原因不明の慢性痛の治療が革命的に変化します。本書は一般人向けに書かれていますが、世界標準の線維筋痛症(慢性痛)の治療を解説しています。さらに世界標準の治療を行なって得られた著者の経験も述べられています。そのため、本書を読めばプライマリケア医の方々がすぐに治療を開始できる内容になっています。緊張型頭痛、口腔顔面痛、顎関節症、舌痛症、外陰部痛、骨盤痛、慢性疲労症候群、機能性胃腸障害、過敏性腸症候群、間質性膀胱炎、慢性前立腺炎、皮膚そう痒症(難治性の痒み)にも線維筋痛症の治療は有効です。抗不安薬による依存の問題、むずむず脚症候群、脳脊髄液減少症にも言及しています。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)世界の常識は日本の未常識、日本医学界に来航した黒船。日本では認められていない線維筋痛症を紹介する。

【目次】(「BOOK」データベースより)線維筋痛症とは/疼痛の分類/線維筋痛症の症状/線維筋痛症の実態/線維筋痛症患者の苦悩/線維筋痛症の診断/線維筋痛症の検査/線維筋痛症の原因/線維筋痛症に似ている病気/線維筋痛症の治療/線維筋痛症の治療成績/線維筋痛症がかかえる問題/線維筋痛症─その将来の展望

【著者情報】(「BOOK」データベースより)戸田克広(トダカツヒロ)1985年新潟大学医学部卒業。現在、廿日市記念病院リハビリテーション科勤務。2001年1月から2004年2月までアメリカ国立衛生研究所に勤務した際、線維筋痛症に出合い、日本の現状を知る。帰国後、現職にありつつ、線維筋痛症などの治療にあたっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


¥2940
¥2625
¥8400
¥20790



posted by varix at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | むずむず脚症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドクターショール・・メディキュット
Excerpt: メディキュットは長時間の間、同じ態勢をとった時に 脚にかかる負担・・すなわち圧力を計算して、 誕生したフットケア商品です。 メディキュットの特長は段階圧力設計。 足首に一番圧力を加えて、 膝..
Weblog: 下肢静脈瘤の方におすすめ
Tracked: 2010-08-31 12:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。