ひらめき【はじめに】ひらめき 
下肢静脈瘤とは、皮膚の表面にある表在静脈がうっ血し、太く浮き出てくる状態をいいます。瘤状に膨らんだり、蛇のように曲がりくねったものが多く、見た目が気になっている方も多いと思います。 女性に多く見られ、特に30歳以上の方の場合、6割の方に静脈瘤があるとも言われています。また、立ち仕事が中心の職業を持つ男女にも多く発症するようです。まったく自覚症状のない方もいますが、多くの場合、足が疲れやすい、しだいに足がむくむ、足が痛む、こむら返りを起こしやすいなどの症状があります。症状が重くなると湿疹や皮膚炎、色素沈着や潰瘍ができたりします。特に潰瘍の場合、皮膚の血液の循環が悪くなるため治りにくく放置するとさらに悪化します。また、静脈瘤自体は命に関わる病気ではありませんが、静脈瘤にできた血栓が肺動脈を詰まらせ、肺梗塞や肺動脈血栓塞栓症、いわゆるエコノミークラス症候群のような恐ろしい合併症を引き起こしやすいといわれています。このブログでは足のむくみやこむら返りの原因となる「下肢静脈瘤」に関する情報を発信していきます。

2010年12月18日

下肢静脈瘤における血管内レーザー治療が保険適用となります。


2011年1月1日から
下肢静脈瘤における血管内レーザー治療が
健康保険を使って治療することが可能となります。



ぴかぴか(新しい)保険適用となると・・・

健康保険証を病院に提示することによって、
保険診療ができるようになります。
治療以外にも、診察料や検査、術後の消毒など、
すべてが保険適用となりますので、
経済的な負担が軽減されます。




ぴかぴか(新しい)どこでできるのか?

厚生労働省の認可を受けたエルベスレーザーがあり、
血管内レーザー治療の講習会を受講した医師がいればできます。
受診前に、この治療が可能かどうかを
電話等で確認してから受診することをおすすめします。




ぴかぴか(新しい)すべてのレーザーが適用範囲?

今回、保険適用となったのはエルベス980nmレーザーのみです。
これ以外のレーザーは自費診療になります。





ぴかぴか(新しい)治療費は?

現在のところ、まだ決定しておりませんが、
通常のストリッピング手術に準じた値段になると想定されています。





ぴかぴか(新しい)血管内レーザー治療とは

静脈に細いレーザーファイバーを挿入し、
痛んだ静脈にレーザーを照射させます。
そして静脈の内側を焼いて閉塞させてしまうのです。
悪化した静脈をふさぎ、血液が逆流しなくなります。
傷跡が小さく、痛みや出血もほとんどありません。
治療を行った日から通常の生活ができます。
ストリッピング手術と同等の効果が得られますが、
静脈瘤が進行し、血管が大きく蛇行していたり、
瘤が大きすぎたりする場合には使用できません。
レーザーにはいくつか種類がありますが、
半導体レーザーは他と比べて高出力なので、
1回で確実に治療できます。
治療時間は両足で約30〜50分と短く、
手術というよりも通常の外来検査に近い感覚で受けることができます。

今回、保険適用となるエルベスレーザーは半導体レーザーです。










商品名:こうして治す下肢静脈瘤
価格:1470円
ショップ:楽天ブックス

商品説明:商品副データ日常生活のケアから最新情報まで岩井武尚保健同人社この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年06月登録情報サイズ:単行本ページ数:126pISBN:9784832703674

【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 「あし」の静脈のしくみとはたらき/第2章 下肢静脈瘤はなぜできるのか/第3章 下肢静脈瘤の症状と検査/第4章 下肢静脈瘤のセルフケア/第5章 硬化療法と手術/第6章 深部静脈血栓症の原因・症状・治療

【著者情報】(「BOOK」データベースより)岩井武尚(イワイタケヒサ)慶友会つくば血管センター長、ならびにバージャー病研究所長。東京都出身。早稲田中・高等学校卒業。1972年東京医科歯科大学医学部卒。1973年アメリカ合衆国留学。1975年東京医科歯科大学助手、その後、講師、助教授となる。1999年東京医科歯科大学外科教授、血管外科診療科長。2007年同上大学院教授を経て、退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
この商品の関連ジャンルです。本 > 美容・暮らし・健康・料理> 健康> 家庭の医学




¥24145
¥24145
¥3465
★★★★★
¥10500
★★★★★


posted by varix at 21:18 | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

下肢静脈瘤における弾性ストッキング療法とは

下肢静脈瘤とは、皮膚の表面にある表在静脈がうっ血し、
太く浮き出てくる状態で足の静脈の高血圧といえる病気とも言えます。
瘤状に膨らんだり、蛇のように曲がりくねったものが多く、
そのほとんどは静脈の弁不全によって発症しますするもので、
足の血管が浮き出てくるなど、
見た目が気になっている方も多いと思います。

静脈というものは全身を巡ってきた汚れた血液を
心臓へと戻す働きをしています。
足の皮膚の表面にある血液は
すべて筋肉の中にある深部静脈に集められます。
集められた血液は足の筋肉の運動(筋ポンプ作用)で心臓に戻ります。
この運動を筋ポンプ作用といいます。。。。。。
血液が心臓に戻ることを静脈環流といいますが、
このとき静脈の内側の「弁」が大きな役割を果たしています。

我々、二足歩行の人間の場合でいえば、
足の静脈を流れる血液には重力がかかりますから、
下に戻ろうとするわけです。
静脈の内側にある弁は
この下に向かおうとする血液の逆流を食い止めていて、
血液は心臓に向かって上に流れる仕組みになっています。
多くの下肢静脈瘤は、
何らかの原因で表在静脈の弁が壊れるために発生します。
弁が正常に働かないと、血液は逆流し、足の下方に血液が溜まります。
その結果、静脈が拡張して膨らみ、静脈瘤ができてくるわけです。

下肢静脈瘤は成人女性に多くて、
妊娠と出産をきっかけによく発症します。
親から子へと遺伝する体質に大きな原因があると考えられていますが、
調理師、理容師、美容師、教師など、
立ち仕事が中心の職業を持つ男女にも多く発症するようです。
まったく自覚症状のない方もいますが、多くの場合、
足が疲れやすい、しだいに足がむくむ、足が痛む、
こむら返りを起こしやすいなどの症状があります。
症状が重くなると湿疹や皮膚炎、色素沈着や潰瘍ができたりします。
特に潰瘍の場合、皮膚の血液の循環が悪くなるため
治りにくく放置するとさらに悪化します。
また、静脈瘤自体は命に関わる病気ではありませんが、
静脈瘤にできた血栓が肺動脈を詰まらせ、
肺梗塞や肺動脈血栓塞栓症、
いわゆるエコノミークラス症候群のような
恐ろしい合併症を引き起こしやすいといわれています。







下肢静脈瘤を治療する場合は、
まず表在静脈と深部静脈の合流部
(大伏在静脈と大腿静脈または小伏在静脈と膝窩静脈の合流部)に
弁不全があるかどうかを確認する必要があります。
この合流部に弁不全がある病態には、ストリッピング手術、
血管内レーザー治療、高位結紮術等の治療を行うことになります。
その他の治療法は、これらに付随する治療または
合流部の逆流が原因でない場合に行う治療です。
主に次のような治療法があります。


ストリッピング手術
高位結紮術
静脈瘤切除術
硬化療法
弾性ストッキング療法

・・・などです。




ここでは「弾性ストッキング療法」について説明します。




ひらめき弾性ストッキング療法ひらめき


医療用の弾性ストッキングを着用して足を圧迫し、
静脈瘤に血液が溜まるのを防ぎます。
根本的な治療ではありませんが、症状を改善するのに効果的です。
日常生活の中で行えるので、
静脈瘤のすべての患者さんに勧められます。
足のむくみ、だるさなどが軽減されます。


¥1680
¥1680
¥1995
¥1820
¥2079
¥5000
¥2079
¥2100
¥2625
¥2835
posted by varix at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

下肢静脈瘤における硬化療法とは

下肢静脈瘤を治療する場合は、
まず表在静脈と深部静脈の合流部
(大伏在静脈と大腿静脈または小伏在静脈と膝窩静脈の合流部)に
弁不全があるかどうかを確認する必要があります。
この合流部に弁不全がある病態には、ストリッピング手術、
血管内レーザー治療、高位結紮術等の治療を行うことになります。
その他の治療法は、これらに付随する治療または
合流部の逆流が原因でない場合に行う治療です。
主に次のような治療法があります。

ストリッピング手術
高位結紮術
静脈瘤切除術
硬化療法
弾性ストッキング療法

・・・などです。


ここでは「硬化療法」について説明します。


ひらめき硬化療法ひらめき

硬化剤を静脈に注射して委縮させる治療法で、
くもの巣状や網の目状などの静脈瘤に用いられる治療法です。
比較的軽度の静脈瘤に行いますが、
血管内レーザー治療やストリッピング手術、
高位結紮術と併せて行うこともあります。
治療後しばらくの間、注射部位を圧迫する必要がありますが、
麻酔を使用する必要がないので外来通院で治療することができます。




¥4600
★★★★★
¥4200
★★★★
¥3400
★★★★★
¥800
★★★★★
¥2100
★★★★★
¥2100
¥2100
¥2100
¥2625
¥2409


posted by varix at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

下肢静脈瘤における静脈瘤切除術とは

下肢静脈瘤を治療する場合は、まず表在静脈と深部静脈の合流部(大伏在静脈と大腿静脈または小伏在静脈と膝窩静脈の合流部)に弁不全があるかどうかを確認する必要があります。
この合流部に弁不全がある病態には、ストリッピング手術、血管内レーザー治療、
高位結紮術等の治療を行うことになります。
その他の治療法は、これらに付随する治療または合流部の逆流が原因でない場合に行う治療です。
主に次のような治療法があります。



ストリッピング手術
高位結紮術
静脈瘤切除術
硬化療法
弾性ストッキング療法

・・・などです。


ここでは「静脈瘤切除術」について説明します。


ひらめき静脈瘤切除術ひらめき

血管内レーザー治療やストリッピング手術、
高位結紮術と併せて行います。
浮き出た静脈が大きく蛇行している場合に、
静脈の形にそって皮膚を小さく切開して静脈を切除していきます。
傷跡はほとんど目立ちません。



脚イメージ005



posted by varix at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

下肢静脈瘤における高位結紮術とは

下肢静脈瘤を治療する場合は、
まず表在静脈と深部静脈の合流部
(大伏在静脈と大腿静脈または小伏在静脈と膝窩静脈の合流部)に
弁不全があるかどうかを確認する必要があります。
この合流部に弁不全がある病態には、
ストリッピング手術、血管内レーザー治療、
高位結紮術等の治療を行うことになります。
その他の治療法は、
これらに付随する治療または
合流部の逆流が原因でない場合に行う治療です。
主に次のような治療法があります。

ストリッピング手術
高位結紮術
静脈瘤切除術
硬化療法
弾性ストッキング療法

・・・などです。


ここでは「高位結紮術」について説明します。



ひらめき高位結紮術ひらめき


局所麻酔で皮膚を切開し、
逆流の原因となっている静脈を縛って切り離す手術です。
逆流する血液量が非常に少ない場合に行われます。
局所麻酔による日帰り手術が可能ですが、
再発を防ぐために静脈瘤切除術や硬化療法を
併用して行うことが多い方法です。


脚イメージ003

posted by varix at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

下肢静脈瘤治療における血管内レーザー治療とは

下肢静脈瘤を治療する場合は、
まず表在静脈と深部静脈の合流部
(大伏在静脈と大腿静脈または小伏在静脈と膝窩静脈の合流部)に
弁不全があるかどうかを確認する必要があります。
この合流部に弁不全がある病態には、
ストリッピング手術、血管内レーザー治療、
高位結紮術等の治療を行うことになります。
その他の治療法は、
これらに付随する治療または
合流部の逆流が原因でない場合に行う治療です。
主に次のような治療法があります。

ストリッピング手術
血管内レーザー治療
高位結紮術
静脈瘤切除術
硬化療法
弾性ストッキング療法

・・・などです。






ここでは「血管内レーザー治療」について説明します。



ひらめき血管内レーザー治療ひらめき

静脈に細いレーザーファイバーを挿入し、
痛んだ静脈にレーザーを照射させます。
そして静脈の内側を焼いて閉塞させてしまうのです。
悪化した静脈をふさぎ、血液が逆流しなくなります。
傷跡が小さく、痛みや出血もほとんどありません。
治療を行った日から通常の生活ができます。
ストリッピング手術と同等の効果が得られますが、
静脈瘤が進行し、血管が大きく蛇行していたり、
瘤が大きすぎたりする場合には使用できません。
レーザーにはいくつか種類がありますが、
半導体レーザーは他と比べて高出力なので、
1回で確実に治療できます。
治療時間は両足で約30〜50分と短く、
手術というよりも通常の外来検査に近い感覚で受けることができます。
今はまだ適応できる症状が限られ、
健康保険が適用されない自由診療の扱いですが、
やがては静脈瘤治療の中心になる方法と考えられます。



脚イメージ002


posted by varix at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

ストリッピング手術とは

下肢静脈瘤を治療する場合は、まず表在静脈と深部静脈の合流部(大伏在静脈と大腿静脈または小伏在静脈と膝窩静脈の合流部)に弁不全があるかどうかを確認する必要があります。この合流部に弁不全がある病態には、ストリッピング手術、血管内レーザー治療、高位結紮術等の治療を行うことになります。その他の治療法は、これらに付随する治療または合流部の逆流が原因でない場合に行う治療です。主に次のような治療法があります。


ストリッピング手術
高位結紮術
静脈瘤切除術
硬化療法
弾性ストッキング療法

・・・などです。


ここでは「ストリッピング手術」について説明します。


ひらめきストリッピング手術ひらめき

太ももの付け根などをわずかに切開し、
弁が壊れて血液が逆流している静脈を抜き取る方法です。
たとえば膝の後ろにある弁が壊れている場合には、
膝の後ろと足首の近くを小さく切開し、表在静脈を抜き取ります。
表在静脈が循環させている血液はおよそ1割程度であって、
深部静脈だけで血液を心臓に戻すこともできますので、
表在静脈を取り除いたからといって、問題はありません。
通常は1週間程度の入院が必要ですが、
最近では日帰り手術が可能になっています。
局所麻酔と静脈麻酔により、
患者さんは眠った状態で痛みを感じることなく手術は終わります。
この手術は重症の静脈瘤に対しても行える治療で、
きわめて再発率の低い方法で現在最も確実な治療法といわれています。


脚イメージ001


posted by varix at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

【下肢静脈瘤治療】弾性ストッキング療法

医療用の弾性ストッキング、弾性ソックスを着用して、
足を圧迫することにより、静脈瘤に血液が溜まるのを防ぎます。

この治療法で完治するわけではありませんが、
症状の進行を遅らせたり、
足のむくみやだるさなどの症状を改善することができます。

日常生活の中で行うことができる手段ですから、
静脈瘤すべての方におすすめです。






人気ブログランキング
↑人気ブログランキング参加中
一日一回のクリックお願いします



posted by varix at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

【下肢静脈瘤治療】レーザー治療

静脈にレーザーファイバーを挿入して、
静脈の内側から焼いて閉塞させる治療法です。

閉塞することによって血液が逆流しなくなります。

皮膚切開の必要がなく、傷跡も小さく、
また痛みや出血もほとんどありません。

ストリッピング手術と同等の効果が期待でき、
治療を行った当日から通常に生活に戻ることができます。

治療時間も1時間弱と短く、
日帰りが可能ですが、
現在のところ健康保険の適用外なので、
治療費は高額となってしまいます。






人気ブログランキング
↑人気ブログランキング参加中
一日一回のクリックお願いします



posted by varix at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

【下肢静脈瘤治療】静脈結紮術

皮膚を切開して、
逆流を起こしている静脈を縛って切り離す治療法です。

逆流する血液量が少ない場合に有効とされています。

局所麻酔による日帰り手術も可能です。






人気ブログランキング
↑人気ブログランキング参加中
一日一回のクリックお願いします


posted by varix at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

【下肢静脈瘤治療】静脈瘤切除術

浮き出た静脈が大きく蛇行している場合に、
静脈の形にそって皮膚を切開し、
静脈を切除していく治療法です。


通常、ストリッピング手術、レーザー治療など
と併用して行います。


切開といってもとても小さく行うので、
傷跡はほとんど目立ちません。








人気ブログランキング
↑人気ブログランキング参加中
一日一回のクリックお願いします


posted by varix at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

【下肢静脈瘤治療】硬化療法

硬化剤を静脈に注入して、
静脈を萎縮させていく治療法です。

くもの巣状や網目状の静脈瘤に適した治療法で、
軽度の静脈瘤に有効とされています。

また、ストリッピング手術やレーザー治療などの
ほかの治療法と併用して行う場合もあります。


硬化療法のみの治療の場合、
外来通院で治療をすることができます。







人気ブログランキング
↑人気ブログランキング参加中
一日一回のクリックお願いします


posted by varix at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

【下肢静脈瘤治療】ストリッピング手術

太ももの付け根などを少しだけ切開して、
壊れた弁のある表在静脈を引き抜く方法です。

表在静脈が循環させている血液は
おおよそ1割程度で、
深部静脈だけでも
心臓に血液を戻すことができるので、
表在静脈を抜き取っても、
体に悪影響はありません。

通常、ストリッピング手術は、
局所麻酔と静脈麻酔を使うので、
眠った状態で手術が行われ、
痛みを感じることなく手術は行われます。

また、重症例の静脈瘤にも有用で、
現在のところ最も確実な治療法と言われています。


一般的には1週間程度の入院が必要ですが、
最近では日帰り手術も可能となり、
専門に行う医療機関も増えてきています。






人気ブログランキング
↑人気ブログランキング参加中
一日一回のクリックお願いします


posted by varix at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

下肢静脈瘤のさまざまな治療法

下肢静脈瘤の治療は、
症状や患者の希望などによって、
さまざまな治療法が選択できる。



ストリッピング手術

硬化療法

静脈瘤切除術

静脈結紮(けっさつ)術

レーザー治療

弾性ストッキング療法



などがある。





人気ブログランキング
↑人気ブログランキング参加中
一日一回のクリックお願いします


posted by varix at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 下肢静脈瘤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。